いつもの何気ない風景、瞬間の中に

愛犬とのつながりを、

魂と魂の輝きを、

いつも見ていたい。